@Heaaart

歳が離れた妻を、女給に侮辱された夫 『愛のない夫婦』の姿に悶絶!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

『三年差』シリーズでおなじみの漫画家、しまざき(@shimazakikazumi)さんが描く『結婚は戀(こい)の始まり』をご紹介します。

描かれているのは、大正時代に生きる夫婦。家同士の都合により、華族の倫太郎と、実業家の娘である柚子は結婚することになりました。

元・教え子であり20歳も年下の柚子に対し、「こんなさえないオッサンが夫で申し訳ない」と、負い目を感じている倫太郎。

しかし、柚子は学生のころからずっと倫太郎を恋い慕っていたのです。

20歳年下の妻をバカにされ…!?

倫太郎の提案で、神楽坂でデートをすることになった2人。しかし神楽坂までは遠いため、カフェーで休憩をすることにします。

大正時代の『カフェー』は、現代の喫茶店のような店だけでなく、女給が付き添いお酒を飲む形式の店もありました。倫太郎が入ってしまったのは、後者だったのかもしれません。

20歳の差があるせいか、まだ若い柚子は「お子様にはまだこの店は早い」と、カフェーの女給にバカにされてしまいます。

その時、即座に柚子を守ったのは倫太郎。普段のおっとりとした雰囲気はどこへやら、妻を侮辱され怒りをあらわにしています。

勢いで飛び出た「僕の奥さん」という言葉に、内心2人は動揺!2人の夫婦としての関係は、少しずつ縮まっているに違いありません。

しまざきさんの『三年差』シリーズ第2巻が好評発売中!

2019年6月22日に、単行本『三年差』シリーズの第2巻が発売されました。

大学生から社会人になるまでの時代や、プロポーズにまつわるエピソードなどが収録されています。

読めば胸がキュンキュンすること間違いなしのエピソードが盛りだくさん。ぜひ手に取ってみてください!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@shimazakikazumi

Share Tweet LINE