@Heaaart

一見普通の彫刻作品 しかし、視線を下ろしていくと? 「やばい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

19世紀の美術品を専門に展示している、フランス・パリの『オルセー美術館』。

ゴッホやルノワールなど、そうそうたる美術界の巨匠の作品が並ぶなか、姉小路りつ子(@konarits)さんの目をひいた彫刻が話題になっています。

ルイ・エルネスト・バリアス『科学の前にベールを脱ぐ自然』

本気を感じました。

一目見て、作品にこめられた作者やその当時の美術界の『本気』を感じたという姉小路さん。

そこまで姉小路さんに思わせた作品、1899年のルイ・エルネスト・バリアスによって制作された彫刻『科学の前にベールを脱ぐ自然』がこちらです。

よ〜くご覧ください。スカート部分は、石の上から描かれた柄かと思いきや…!

人工的に作り出された柄ではなく、もともとの石の柄なのです。

それでいてスカートの裾部分やベールの柔らかそうな質感が生々しく、本当に石から作り出されているのかと目を疑ってしまいます。

1889年、ボルドー大学に新設された医学部のために作られたという『科学の前にベールを脱ぐ自然』。以来、さまざまなバージョンが作られています。

その中の1つであるこちらの作品は、Twitter上で話題を呼び「すごい」と驚きと感動のコメントが寄せられるほど反響を呼んでいます。

・ものすごい手間がかかっているんだろうな…。

・「やばい」としかいいようがない。

・肉の塊のように見えて、自然の柄なのにすごいと思った。

作品が生み出されてから長い時を経ても、こうしていまも見た人に感動を与える『科学の前にベールを脱ぐ自然』。だからこそ、名作といわれるのかもしれません。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@konarits

Share Tweet LINE