@Heaaart

離乳食に挑戦した母親が、迎えたオチに「超笑った」「自分もやったことがある」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

親にとって、幼い我が子のために離乳食を作るのは、気合いが入るものです。初めてのメニューを作る際は、なおさらでしょう。

母親の、ばうみ(@baumiii11)さんが描いた、離乳食にまつわるエピソードをご紹介します。

『食べないところまでセット』

キャベツを使うレシピに挑戦した、ばうみさん。レシピ本を見て、青ざめたワケとは…。

『キャベツの葉先140g』という指示を見て、なんと葉脈の部分を除く形で、細かに切り刻んだのです!

使う部分が少ないとなると、離乳食に必要な材料自体が足りず、望んでいた料理はできあがりません。

ばうみさんは、明らかに足りないキャベツの量を見て、がっくりと肩を落とすのでした…。

漫画には、同じように離乳食作りを体験した読者から、さまざまなアドバイスが寄せられています。

・超笑った!必死すぎて、謎の行動に走る気持ちは、分かる…。

・自分も1人目の時に、やったことがある。2人目からは、ある程度適当でもいけることを学んだ。

・自分の場合は、キャベツは圧力鍋に入れて、やわらかくしました。あとはミキサーを使うのも手です!

ちなみに、ばうみさんが時間と労力をかけて作った渾身のメニューを、幼い娘さんは食べてくれなかったのだとか。

几帳面に手作りするのも大切ですが、毎日のように手間をかけていたら、親が疲れてしまいます。文明の利器に頼りつつ、ほどほどを心がけましょう!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@baumiii11

Share Tweet LINE