@Heaaart

聴覚障害者との接し方が分からない店員 気遣いがスゴい!

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

Twitterユーザーのねこ(Mami)さんが投稿した、心温まるエピソード。

山形のとある居酒屋を予約しようとしたところ、お店から「聴覚障害者は初めてなのですがどうしたら良いですか?」と聞いてくれたのだそうです。

「どう接していいのかわからないから教えてください」という姿勢はとても素敵ですね。

ところが、それだけではありませんでした。

実際にねこさんが来店したところ、こんな素敵なおもてなしが待っていたのです!!

23214_01
23214_02

出典:@mm_satou

「耳が聞こえない方が来ると分かっていたので用意した」とのこと。

チャーミングなイラストからは、ねこさんがおっしゃるように「義務感」ではなく「歓迎したい」という気持ちが伝わってくるようです。

ねこさん自身、耳が不自由であり、聴覚障害者の社会問題を解決する取り組みを行っています。この出来事が、たくさんの人に広まってほしいと願っていらっしゃいます。

ちなみにこの居酒屋は予約が必須の人気店だそうです。料理が美味しいだけでなく、おもてなしの心も行き届いているからこそ人気なのでしょうね。

秋葉原にも、素敵な気遣いをしてくれるお店がありました。

障がいのある方自身だけでなく、障がいのある方を迎えるお店側にも不安はあることでしょう。そのときは「わからないので教えてください」「では、こうしてもらえますか?」と素直に尋ねることで、お互いに気持ちよく過ごせるのですね。

こんなお店が日本国内はもちろん、全世界にもっと増えてくれるとよいな…それは障がいのあるなしにかかわらず、多くの人の願いだと思います。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@mm_satou@mamekaneko

Share Tweet LINE