@Heaaart

岩手の森に一歩足を踏み入れると、そこは小さな光の楽園だった

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2017年7月のある日。写真家のKAGAYA(@KAGAYA_11949)さんは岩手県をの森を訪れました。

その目的はホタルを撮影すること。

ゆっくりと日が暮れ森の中がうす暗くなると、KAGAYAさんの周囲でヒメホタルの優しい光が輝きだしました。

月明かりの中で浮かび上がる道と、舞い踊るヒメホタルたち。

アジサイにカメラを向けると、花の間からも光があふれだしました。

今回の写真は、約10分間に渡り撮影されたもので、その間のホタルの点滅がすべて写っています。実際に見える光は、もっと少ないそうです。

ホタルを観察する時のルール

ホタルを観察する時には、守らなければならないルールがあります。

  • ホタルが驚くので、明かりは持ち込まない。
  • 生態系を守るため周囲を汚さないようにする。ゴミやタバコのポイ捨てなどもってのほか。
  • ホタルの寿命は10日ほど。いくらキレイだからといってホタルを持ち帰らない。
  • 近隣住民に配慮して、大声や物音を出さない。

これからもホタルが舞う風景を残していくために、ルールを守って行動するようにしてくださいね。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@KAGAYA_11949

Share Tweet LINE