@Heaaart

小4の姪が道徳の授業で書いた『人間関係』 叔父さん「喜んでいいのコレ?」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

小学生になる姪っ子(姉の娘)をとても可愛がっているという30代の男性。

ある日、実家で姉に会った時に、こんなものを見せてもらったといいます。

姪っ子が道徳の授業で書いた『人間関係』

まずは中心に『わたし』と、自分を書いた姪っ子。

そして、その周囲に、自分と関わりのある人を書き、線で結びます。

関わりが深ければ深いほど、太い線を書き、反対に関係が浅い場合は線が細くなります。

『お母さん』や『お父さん』とは、太い線で結ばれています。『お母さん』の欄には「やさしい。安心する」といったコメントが書かれています。

一方、週に1回しか会わない「スイミングの友達」は細めの線。

左側には小学校の友達のことが書かれています。

左に伸びている2本の太い線は、親友の友達2人。左上に伸びている少し太めの線は『クラスの友達』と結ばれています。

そして、叔父である30代男性はついに自分を表す『お母さんの弟』という文字を目にするのです!

「なんだか複雑な気分」

それでは、叔父である30代男性を「少し複雑な気分にさせた」という姪っ子さんの『人間関係』を、ぜひご覧ください。

お母さんの弟

やさしい
1々月に1回位

※1々月…「1か月」の間違い

線が細い!!!

なんだか寂しいような気もしますが、「忘れられていなかっただけで満足」と語る30代の男性。

確かに、週に1回は会う『スイミングの友達』と同レベルであると考えれば、決して悪い地位ではないようにも思えます。

見ているだけでホッコリしてしまうような姪っ子さんの『人間関係』。

次は、もっと太い線で書いてもらえるといいですね!

※投稿者様のご希望により引用元は記載しておりません。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape

Share Tweet LINE