@Heaaart

小学校の修学旅行が廃止 その理由を聞いて納得するが、疑問も…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

6歳の娘さんを育てているNikov(@NyoVh7fiap)さん。

娘さんが来年から通学する小学校では、修学旅行が廃止されるといいます。その理由は…。

修学旅行を廃止するのは、教員の負担を軽減するためでした。

子育てや介護をしながら、教員として働いている人もいます。泊りがけの修学旅行は子育てなどをしている教員には難しく、若手や独身の教員にとっても負担の大きい行事です。

一方、文部科学省は修学旅行など『集団宿泊活動は、集団生活の実践的な場』としています。

Nikovさんは教員の負担軽減には賛成しますが、「修学旅行の廃止が子どものためになるか」ということに疑問を抱きました。

【ネットの声】

・楽しみにしていた生徒は悲しいだろうな。

・教員も人手不足だし、2日以上子どもたちをずっと見るのは大変。

・『働き方改革』でいいと思う。

・学校も苦渋の決断でしょう。

宿泊のある修学旅行では、教員は生徒の安全を1日中見守るなど、負担も大きいでしょう。

時代に沿って教員の負担を軽減することは大切ですが、生徒の成長にもつながる行事も必要です。

どちらか一方の問題のみを解決するのではなく、教師も生徒もお互いのためになるような、根本からの見直しが求められるのではないでしょうか。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@NyoVh7fiap文部科学省

Share Tweet LINE