@Heaaart

福井でカツ丼を頼むと『ソースカツ丼』が出てくる!?じゅわーっとしみ出るソースと肉汁がたまらない!

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

カツ丼というと、卵でとじたカツが乗った丼ものを想像するのが一般的だと思いますが、福井県でいうカツ丼とは、ソースカツ丼のことを指します。

katudon

出典 ヨーロッパ軒総本店 公式ホームページ

ソースカツ丼とは、

薄くスライスした上等のロース・モモ肉を目の細かな特製パン粉にまぶし、ラード・ヘッドでカラリと揚げたカツを、熱々のうちにウスターソースをベースに各種の香辛料を加えた秘伝のタレにつけ、熱いご飯にタレをまぶした上にのせたカツ丼です。

出典 ヨーロッパ軒総本店 公式ホームページ

福井ではカツ丼というとソースカツ丼の方がスタンダード。
卵とじのカツ丼が食べたい場合は、「卵とじカツ丼」と注文すると出てくるんだとか。

ソースカツ丼の歴史

ソースカツ丼が生まれたのは大正時代。
福井県で有名な洋食店『ヨーロッパ軒』を開いた高畠増太郎氏がドイツに料理研究留学をし、帰国した後、1913年の料理発表会で披露したのがはじまりと言われています。

europa

出典 ヨーロッパ軒総本店 公式ホームページ

ヨーロッパ軒は現在でもソースカツ丼を提供しており、のれん分けして福井県内に複数の店が存在しています。

実際に食べた人の呟きをご紹介♪

Share Tweet LINE