@Heaaart

客「このポップを描いたのはあんたか?」 続く言葉に、書店員が涙したワケ

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

仕事をする中でやりがいや喜びがあると、嬉しいものです。

※写真はイメージ

書店員として働く、ほんまくらぶ(@honyanohomma)さんの身に起きた出来事が話題になっています。

お客さんからの『褒め言葉』

ある日、売り場に並ぶ本にポップを付けていた、ほんまくらぶさん。

ポップとは、店内でお客さんの目を引くよう、商品の魅力や価格を分かりやすく描いた広告のことです。

ほんまくらぶさんは、あるお客さんから「この店にあるポップは、全部あんたが描いてんのか?」と尋ねられます。

うなずくほんまくらぶさんに対し、お客さんは次のように言葉を続けました。

「いやぁ、大したもんだなぁ。さっきから全部読ませてもらっとるよ」

※写真はイメージ

売り場に飾られたポップの一つひとつをじっくりと読み、丁寧な仕事ぶりを褒めてくれたお客さん。

どうやらお客さんも以前はポップを描く仕事をしていたようで、ほんまくらぶさんに対し「少しでも物を売ろうと思って苦心した」と語っていたのだそうです。

1人の書店員とお客さんのやり取りに、さまざまなコメントが寄せられました。

【ネットの声】

・日ごろの苦労が報われた瞬間ですね。

・素敵なエピソードに、心が温かくなりました。

・書店で本に付いたポップを読んで、興味がわくことがあります。これからも頑張ってください。

・手描きのポップを作る仕事をしています。褒められたり、喜ばれたりするとやる気が出ますよね!

「書店員として働いてきて、1番素敵な褒め言葉をいただいた」と、ほんまくらぶさんは語ります。

「1人でも多くのお客さんに本を届けたい」と、仕事に誇りを持って働く1人の書店員の想いが、実を結んだ瞬間でした。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@honyanohomma

Share Tweet LINE