@Heaaart

『写真映え』しそうな新しいミュージアム 題材に「マジか」「小学生は大好き」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2019年の春、神奈川県横浜市に開業予定の複合型体験エンターテインメント施設ビル『アソビル』。その2階に期間限定でオープンするミュージアムが「かなり攻めている」と話題になっています。

クオリティがヤバイな!?『うんこミュージアム YOKOHAMA』

3月15日から開業するのは、「うんこ」をテーマにしたアミューズメント空間である『うんこミュージアム YOKOHAMA』。うんこをただ見るだけではなく、触って、叫んで、戯れて、撮影もできる新感覚の体験型展示です。

どのようなイメージのミュージアムなのかというと…。

これはクオリティが高い!

ポップな世界観と、漂うオシャレさ。期待が高まる『うんこミュージアム YOKOHAMA』についてご紹介します。

『うんこミュージアム YOKOHAMA』は、4つの空間から構成される予定。

うんこ広場(ボルケーノ)

「どうしてこうなった」

まず1つめの空間には、思わずツッコミたくなるほど一種神々しい巨大なうんこのオブジェが鎮座しています。

うんこのオブジェからは、定期的にうんこが噴火!カラフルで小さなうんこが飛び散ります。

ウンタラクティブ エリア

全身を使って、うんこと戯れたい人はこちら。あなたのアクションにうんこが反応してくれます。

子どもから大人まで、テンションが上がること間違いなし!

ウンスタジェニック エリア

インスタ映えならぬ、『うんスタ映え』するスポット。輝いたり飛び交ったり、十人十色のうんこに出会えるそうです。

恋人とのデートにピッタリ…かどうかは、実際に行ってお確かめください。

ウンテリジェンス エリア

うんこへの理解を深めたい人には、『ウンテリジェンス エリア』がオススメ。

世界のうんこの歴史や、著名人が描いた数々のうんこ絵画を鑑賞することができる、知的な空間もあります。

『うんこミュージアム YOKOHAMA』についてもっと詳しく知りたい人は、ぜひこちらの動画をご覧ください。

うんこに対する価値観が変わりそうですね!

また、『うんこミュージアム YOKOHAMA』内では、入場者しか聴けないオリジナル楽曲を流す予定とのこと。

テーマソングのトラック制作は『水曜日のカンパネラ』のケンモチヒデフミさん。ボーカルは『Frasco』の峰らるさんが担当します。

情報が解禁されると、SNSは『うんこミュージアム YOKOHAMA』の話題で持ち切り。多くの人が反応しています。

・どう反応したらいいの…!

・いまの時代はうんこまで映えるのか。

・カッコいい。絶対に小学生が好きなやつだ。

・マジで映えるうんこだ!これは大人も行くでしょう。

・遊びに行っても何も恥ずかしくない。なにせ、日本人は未来に生きてるからね。

うんこの固定観念がくつがえるミュージアム。

事前予約によるチケット制のため、気になる人は忘れずに予約をしてください!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grapeうんこミュージアム YOKOHAMA横浜アソビル

Share Tweet LINE