@Heaaart

「夜道で女性に警戒されて傷付いた」 ゲイ2人の会話に「素晴らしい」「同意」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

「女1人で夜道を歩く時は、気を付けなさい」

子どものころ、大人にそういわれて育った女性は少なくないことでしょう。

男性に比べて力が弱い女性は、いろいろな犯罪の標的にされがちです。そのため人通りが少ない場所や、暗い場所を歩く際は周囲に警戒するよう呼びかけられています。

しかし『警戒される側』である男性の中には、「何も悪いことを考えていないのに、不審者のように扱われた…」とショックを受ける人も少なくないといいます。

「夜道で警戒されて傷付いた」というゲイに…

ある日、ゲイの友人とバーで会っていた、もちぎ(@omoti194)さん。

その友人はゲイであるにもかかわらず、夜道で女性に「化け物を見たかのように」警戒され、ショックを受けたと話しました。

その人が持つ属性から判断して、対処したり身を守ったりするのは悪いことではない。

初対面の人を見て得られる情報は、外見のみ。相手が何を考えているのか分からない以上、外見の情報で警戒してしまうのは仕方がないこと。

この件に限らず、生活を送っていると『男性の身体を持っている』『女性の身体を持っている』などの情報でいろいろな区別や判断をされるものです。

もちぎさんの投稿は拡散され、多くの人からコメントが寄せられています。

・こうやって考えてくれる人がいるだけで救われる人もいると思う。ありがとうございます。

・警戒されて男性が不快に思うのは分かるけど、その怒りは世間の犯罪者に向けてほしい。

・ほとんどの人がきちんとした人だって分かってるけど、一部の『ヤバい人』から身を守るためなんだ…。

・自衛したら「自意識過剰」、被害に遭ったら「自衛が足りない」と責められるこの理不尽さよ…。

・自分は女だけど、女性から警戒されたことがある。ショックだったけど、身を守るためなら仕方がないよね。

また、男性からは「男だって夜道は怖いから、警戒するのは悪いことじゃない」という声もありました。

お互いに異性の立場で考え、男性は「怖いから仕方がない」、女性は「ショックを与えるのは申し訳ない」と理解している人は多いようです。

「どうしてだろう?」と疑問を覚えた時は、相手側の立場で考えてみると『異なる属性を持つ人』との相互理解につながるかもしれません。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@omoti194

Share Tweet LINE