@Heaaart

店員の対応を本社に報告! 妻の『趣味』が反響を呼ぶ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

「この考えかたはもっと世に広がるといいな」

鯨武 長之介(@chou_nosuke)さんがそう語る、鯨武さんの妻の『趣味』に、共感と称賛の声があがっています。

買い物が終わった後、本社や店に連絡

鯨武さんの妻の細やかな趣味…それは、買い物先で店員から嬉しい接客や丁寧な対応をされた際に、後で店や本社にお礼のメールや電話を入れることだといいます。

「店員の○○さん、ありがとうございました」

そう伝えることで、ちゃんとその人の働きが評価され、また、鯨武さんの妻の『想い』が伝わりやすくなりますよね。

感謝の言葉をもらった店員も、仕事へのやる気が上がるはずです。

しかし、なぜ鯨武さんの妻は、わざわざ買い物が終わった後に連絡を入れるのでしょうか…。その理由が、コチラです。

「私はクレーマーよりもサンカー(Thanker)になりたいのだ」

『サンカー』とは、英語で感謝を意味する『Thank』を伝える人ということなのでしょう。

苦情を伝える『クレーマー』よりも、感謝を伝える『サンカー』になりたいという妻。とても素敵な考えですよね!

ツイートを見た人からも「素敵な女性ですね」「いい接客を受けたいなら、いい客であれ」と称賛の声が寄せられました。

相手のミスや失敗に目を向けるよりも、『いいところ』に注目したほうが、お互いに気持ちがいいものです。

そして、大切なのはその『いいところ』をちゃんと相手に伝えること。

不快な思いを共有するよりも、相手の対応で幸せになった気持ちを共有したほうが、ずっと素晴らしく思えます。

「クレーマーよりも、サンカーになりたい」と語る鯨武さんの妻の考えは、今日からでも実践したいですね!

鯨武さんの作品は、コチラから

作家として活躍している鯨武さんは、現在ヤングエースUPで連載中の漫画『レバガチャアーカイブ』の原作を担当しています。

ゲームセンターを舞台にしたラブコメ漫画です。ぜひこちらもご覧ください。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@chou_nosuke

Share Tweet LINE