@Heaaart

泣いて謝罪するスーパーボランティア男性 カンニング竹山の持論に、共感相次ぐ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

全国各地でボランティア活動を行い、『スーパーボランティア』という愛称で人々に知られている、尾畠春夫さん。

尾畠さんは、2019年1月19日から「東京から大分の自宅まで徒歩で帰る」という夢にチャレンジしていましたが、スタートから36日目に旅を断念しました。

その理由は、尾畠さんに関する情報がSNSで拡散され、大勢のファンが集まった結果、交通機関の渋滞や行列によるトラブルなどが起きてしまったことです。

道中、尾畠さんは会いに来てくれた人に笑顔で対応し、求められた握手や写真撮影にもこころよく応じていました。

しかし、駐車禁止の道路に車を停めたり、親が幼い子どもの手を放して写真撮影を頼んだりするなど、ファンたちの危険な行為はエスカレート。結果、尾畠さんは事故の危険性を考え、人々の安全を考慮した上で、旅を断念することを決意したのです。

カンニング竹山「トータルでいうと誰も悪くない」

同年2月27日に放送されたワイドショー情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)では、徒歩の旅を断念した尾畠さんについて特集。

番組の取材で「途中で断念してしまい、応援してくださった人たちに申し訳ない」と涙ながらに語る尾畠さんを見て、出演者の1人であるお笑いタレントのカンニング竹山さんは、次のような考えを語りました。

SNSができて、こういうことになるんですけど、トータルでいうと誰も悪くないんですよね。

みんな集まった人も一人ひとりが「応援したい」って気持ちで集まっているし、尾畠さんも「みんなに恩返ししたい」ってやってるから。でもこういう優しさって、ものすごい集まった時に、迷惑になる形もあって。

直撃LIVE グッディ! ーより引用

カンニング竹山さんは、災害時に親切心で救援物資を大量に送る人がいることで、被災地の人々が対応に追われる状況を例に挙げて説明。

続けて、尾畠さんに密着するメディアのありかたについても持論を展開します。

何か、もう紳士協定的なものを結んで、「尾畠さんは追わない」ってことを、多分メディアもしたほうがいいかもしれないですね。

直撃LIVE グッディ! ーより引用

尾畠さんの動向を追うメディア側に対し、「追わない」という姿勢を持つことを提案したカンニング竹山さん。「まずは尾畠さんの気持ちが第一」と呼びかけます。

1番大切なことって、尾畠さんがメディアを使ってそれ(恩返しの気持ち)を発信したいと思ってらっしゃるかどうかだと思うんですよね。

別にメディアが悪いとかじゃなくて、今後、尾畠さんが自分個人の活動を「個人としてやりたい」「人に恩返しをしたい」「人を助けたい」という気持ちだから、それをメディアで発信したいっていう気持ちは、そんなお持ちじゃないと思うんですよね。

だからこそ、こういうことが起こってるわけだから、今後はもうあまり尾畠さんは追わない。

尾畠さんが今後好きなように人生を送られるようにさせてあげたほうが。

ほとぼりが冷めてくると、人も少なくなってくるじゃないですか。そのほうがいいと思いますけどね。

直撃LIVE グッディ! ーより引用

番組を見た人からは、カンニング竹山さんの意見に対し、共感の声が相次いでいます。

・よくいってくれた!メディアは尾畠さんを追わないであげるべきだと思う。

・正論。いろいろな要因で、尾畠さんが夢を断念せざるを得なかったのが悲しい。

・優しさが集まった結果、迷惑になるという状況は、ほかのあらゆることにも通ずる。

「恩返しとして、人の役に立つボランティアを行っていきたい」という願いを持つ尾畠さんの行動を、図らずも妨げるような形になってしまった今回の騒動。

SNSが発達した社会や、情報を報じるメディアとしてのありかたが問われています。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape直撃LIVE グッディ!

Share Tweet LINE