@Heaaart

『ヒーローショーセクハラ騒動』に立川志らくがズバリひと言 「本当にそれ」の声相次ぐ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

2019年6月23日、役者として活動していた女性がTwitterであることを『告発』し、騒動が起こりました。

女性は、東京都文京区の東京ドームシティアトラクションズ内にある、屋内劇場『シアターGロッソ』で、ヒーローショーの『司会のお姉さん』として働いていました。

女性が同年5月に『お姉さん』を卒業した理由は、ヒーローショーの現場で受けてきた度重なるセクハラやパワハラだったといいます。

・挨拶を無視したり、握手会中に水をかけて妨害したりするパワハラを受けた。

・男性器のあだ名をつけられたり、すれ違い様にお尻を揉まれたり、相手を避けられない空間での卑猥な質問、胸を触るなどのセクハラを受けた。

・そういったハラスメントに1年の間耐えていたら、突然「力不足なのでもう来なくていいです」といわれた。

・会社からは「余計なことを誰かにいったら、もうお前に仕事を振らない」と強くいわれた。

・性的な嫌がらせに対し、気にしていない、怒っていないフリをし続ける必要があり、胸を張って子どもたちの前に立つことがつらかった。

・「性的な嫌がらせを気にせず、笑って流せるのがよくできた女」「パワハラやセクハラはただの冗談」「そういう業界だから仕方ない」と何度もいわれた。

騒動を受け、株式会社東映エージエンシーと東京ドームシティは事実確認を行い、同年7月6日にウェブサイトで謝罪文を掲載。

株式会社東映エージエンシーの社員1名のほか、同社の委託先会社に所属するスタッフなどの計6名によりハラスメントが行われていたことが明らかになりました。

ヒーローショー『セクハラ問題』に、立川志らくがズバリひと言

同年7月14日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、今回の騒動について特集。

東映側の謝罪文によると、ハラスメントを行ったスタッフに対し関与の度合いに応じた厳粛な処分を行い、開催が予定されているヒーローショーの制作に関与させないといいます。

該当スタッフへの処分が読み上げられ、スタジオで不満げな表情を浮かべたのは、落語家の立川志らくさん。

今回の騒動について、立川さんはこのように述べました。

これあれですね。さっき出てましたけれども、「ショーには関与させません」って、そりゃ当たり前で、関与させないじゃなくて、本来もう解雇するべきじゃないですか?これが全部事実だったらば。

なんかセクハラっていうとね、罪が軽くなるように聞こえちゃって。性犯罪ってハッキリいったほうがいいくらいな気がしますね。

ワイドナショー ーより引用

『ハラスメント』とは、『嫌がらせ』という意味です。立川さんがいうように、被害者の告発を見る限り『嫌がらせ』の領域を超えている印象を受けます。

志らくさんの意見を受け、出演者である古市憲寿さんも「今回の件は明らかに性犯罪に近い」と同意しました。

ネットでは、視聴者からも立川さんの言葉に共感する声が続々と上がっています。

・本当にそれ。ここまでくるとセクハラじゃなくて犯罪でしょう。

・暴行や傷害を『いじめ』と呼ぶと罪が軽く感じてしまうのと同じですね。

・嫌がらせの領域を超えてるよね。志らくさんはすごくいいことをいったと思う。

・志らくさん、もっといって!セクハラっていうと、どうしても軽く聞こえちゃうよね。

『ハラスメント』という言葉で済ませてしまっては、加害者側が自身の罪の重さを自覚しない可能性もあるでしょう。

また、世間に対して「これらの行為は犯罪にあたる」と周知させることも大切だと考えさせられます。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grapeワイドナショー

Share Tweet LINE