@heaaart

水面に浮かぶ『ねぶた』をイメージした作品も! 大人気イベントが今年も開催

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

東京都目黒区にある『ホテル雅叙園東京』

これまで『目黒雅叙園』という名前で多くの人に親しまれてきましたが、2017年4月に名称が変更されました。

ホテルや結婚式場、レストランなどの複合施設で、2018年に創業90周年を迎えました。

芸術家たちによる彫刻や絵画などで装飾された館内は、まるで美術館のような雰囲気で、昭和の竜宮城とも呼ばれています。

館内にある『百段階段』は、東京都指定有形文化財に認定されており、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の湯屋のモデルとなった場所としても有名です!

百段階段では、お雛さまや猫アートとコラボしたり、華道家の假屋崎省吾さんの個展が行われるなど、さまざまなイベントが開催されてきました。

大人気のイベントが今年も開催決定!

2018年7月7日から9月2日まで、『和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~』が開催されます。

今年で4回目となるこのイベントは、累計23万人を動員した大人気の企画展です。

2017年の展示風景

今回は、祭り・アート・デザイン・職人・テクノロジーをテーマに、1000点を超える作品が集まります。

『青森ねぶた』や『江戸切子』など、文化財を華やかに彩る究極の日本美イルミネーションを楽しむことができます。

中でも見どころは、ねぶた界初の試みである3流派による完全新作の共同作品

青森ねぶた祭り最終日の海上運行のように、水面に浮かぶ『ねぶた』をイメージした作品が展示されます。

また、数百個のミラーボールを使って光と反射の作品を作るアート集団『ミラーボーラー』が新作を発表!

美しい光の空間演出が繰り広げられます。

写真撮影が可能なので、素敵な写真が撮れること間違いなしです!

人気イベントの開催決定に、ネット上では次のような声が寄せられました。

・去年行ってとってもきれいだったから、今年も行きたい。

・東京はこういうイベントが多いからうらやましい…!

今年の夏の思い出作りに、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

「和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」

開催期間:2018年7月7日(土)~9月2日(日) ※会期中無休

開催時間:月~木曜日 10時~17時(最終入館16時30分)
     金・土・日・祝および8月13日~17日 10時~20時(最終入館19時30分)

入場料:当日 1500円、前売 1200円、館内前売 1000円(7月6日まで)
    学生 800円、小学生以下無料

会場:ホテル雅叙園東京(東京都目黒区下目黒1-8-1)

Share Tweet LINE