@Heaaart

「こんな素敵な場所が日本にあるんだ」 すべて氷で作られた『氷の教会』が美しすぎる

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

北海道勇払郡占冠村にある『星野リゾート トマム』。

『ザ・タワー』と『リゾナーレトマム』の2つのホテルや、日本最大級のウェイブプールなどがある滞在型リゾート施設で、美しい雲海を見ることができる『雲海テラス』も人気です。

そんな『星野リゾート トマム』に、期間限定で氷の街が出現します!

極寒の地でしか実現できない幻想的な世界

2018年12月10日から2019年3月14日までの期間、『星野リゾート トマム』に氷の街『アイスヴィレッジ』が登場。

1998年の冬に初めて登場し、それ以来トマムの冬の風物詩となっている『アイスヴィレッジ』は、氷の壁でできた12棟のドームが立ち並び、それぞれのドームで、寒さや氷、雪をテーマにした体験をすることができるのです。

一体どんな体験ができるのか、その一部をご紹介します。

本棚やイスがすべて氷で作られた『氷のBooks&Cafe』では、本を読みながら、氷のグラスに入ったフレーバーアイスにミルクを注いで飲む『氷のラテ』やかき氷など、雪や氷にまつわるフードやスイーツを味わうことができます。

かき氷は器が氷でできているので、器まで食べることができますよ。

体が冷えてきたら、凍った野菜をあつあつのチーズにつけて食べる『氷野菜のチーズフォンデュ』もおすすめです!

寒さや氷にまつわる学びを提供する『氷のGAO』では、毎年大好評の、氷を削ってオリジナルのグラスを作る『氷のグラスづくり』や、雪の結晶に特殊な加工を施しキーホルダーにする『雪の結晶キーホルダーづくり』などを体験することができます。

また、2018年からは、氷でできた楽器を演奏できる体験や、シャボン玉を飛ばして凍らせる体験などが新たに加わります。

ほかには、50種類以上の蒸留酒やカクテルを氷のグラスで飲むことができる『氷のBar』や、氷や雪をテーマにした雑貨を購入できる『氷のShop』などがあります。

『氷のホテル』と『氷の教会』

まるでおとぎ話の世界に出てくるような空間が広がる『氷のホテル』。天井や壁、ベッド、イス、テーブルなどすべてが氷で作られています。

宿泊は1日1組限定。宿泊した人だけが利用できる『氷の露天風呂』や、50種のホットドリンクレシピが用意され、お好みのドリンクを自分で作ることができる『氷の湯上がり処』が隣接しています。

そして、『アイスヴィレッジ』の中でも特にロマンチックな場所が『氷の教会』

「2人の純粋な気持ちが、途切れなく続く」という思いを込めて、天井と壁は継ぎ目がない1枚の氷で作られており、ほかにも祭壇や十字架、バージンロード、イスなども、雪と氷でできています。

氷の教会では、約1か月間限定で結婚式をあげることができ、式の後には新郎新婦を祝う花火が打ち上げられます。一生思い出に残る結婚式になりそうですね。

最低気温が氷点下30度にも達するトマムだからこそ実現できる『アイスヴィレッジ』。ぜひ行ってみてください!

『アイスヴィレッジ』

■開催期間
2018年12月10日(月)~2019年3月14日(木)

■時間
17時00分~22時00分
(最終入場21時30分)

■開催場所
『星野リゾート トマム』エリア内

(時間、料金、予約は各体験により異なります)

※ 最新のイベント情報は公式サイトよりご確認ください。


[文・構成/@Heaaart編集部]

Share Tweet LINE