@Heaaart

山梨県で撮影された1枚の写真 秋にしか見られない『ある光景』に「素敵!」の声

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

撮影者:山荷茂

山梨県甲州市にある、甘草屋敷(かんぞうやしき)。

江戸時代の後期に造られ、国の重要文化財にも指定されている民家です。

甘草屋敷

旧高野家住宅(甘草屋敷)

旧高野家住宅は、江戸時代後期の民家と屋敷構えをそのまま歴史公園として活用している。当家は八代将軍吉宗の時代に薬用植物の甘草(カンゾウ)を栽培して幕府に納めていたことから「甘草屋敷」と呼ばれている。茅葺き(現在は銅板葺き)、切妻造の屋根の中央部には二段の突き上げ屋根が設けられているのが大きな特徴。 毎年2月11日~4月18日の間、えんざん桃源郷「ひな飾りと桃の花まつり」が甘草屋敷を中心に開催されます。享保雛や古今雛、御所人形に五楽人、ひなの吊るし飾りなど。貴重で素晴らしい雛飾りの数々は見ものです。

甲州市 ーより引用

そんな甘草屋敷で撮影された、こちらの写真をご紹介します。

枯露柿の候

産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト 第13回 秀作・オンワード樫山賞「枯露柿の候」
撮影者:山荷茂
撮影地:山梨県甲州市塩山(甘草屋敷)

山梨県甲州市塩山の松里地区は、干し柿の一種である『枯露柿(ころがき)』の全国有数の産地として知られています。

毎年11月ごろになると、庭先にたくさんの枯露柿が吊され、甘草屋敷ではまるで影絵のような素敵な光景を見ることができます。

甘草屋敷を表から撮影した写真をよく見てみると、たくさんの枯露柿が吊るされていますね。

ぜひ、この美しい景色を見に、甘草屋敷に行ってみてください。

甘草屋敷

■住所
山梨県甲州市塩山上於曽1651番地

■営業時間
9時00分~16時30分

■休館日
火曜日(祝祭日にあたる場合は、その翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)

産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト とは

産経新聞社が主催する『美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト』は、アマチュア写真家を対象に、日本の四季や文化を撮影した作品を募集したフォトコンテストです。

2003年にスタートし、2018年で16回目を迎えます。

産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト 公式ページ


[文・構成/@Heaaart編集部]
[写真提供/産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト]

出典
甲州市

Share Tweet LINE