@Heaaart

車掌「トンネルを抜けますと…」 続く言葉に、乗客「シャレになんねえ!!」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

静岡県の大井川上流部・奥大井の渓谷を走る、大井川鐵道の南アルプスあぷとライン。

赤い車両が特徴の南アルプスあぷとラインに乗ると、自然あふれる美しい風景が目に飛び込んできます。

太陽の光を反射する湖や、色とりどりの花々、生い茂る木々は、多くの観光客から愛され続けています。

「窓の外に見えますのは…」

※写真はイメージ

車内では、井川線沿線の見どころを車掌がアナウンス。

開いている窓から外を見て、車内放送を聴いていると、観光バスに乗っている気分を味わうことができるのです。

車掌のアナウンスに、乗客「シャレになんねえ!」

ある日、南アルプスあぷとラインを利用していたとうどう(@Mdkfajl_0804)さん。

車両にはとうどうさん1人しかおらず、のんびりと旅を楽しんでいました。

「このトンネルを抜けますと、すぐ横に…」

※写真はイメージ

その時、車掌のアナウンスが流れ始めました。

きっと、トンネルを抜けた先に何か観光名所があったり、美しい風景が広がっていたりするのでしょう。

アナウンスに耳を傾けていると…。

「スズメバチの巣がございます。協力し合い、窓を閉めるなど対策をお願いします」

!!?

予想外のアナウンスに、とうどうさんはビックリ!「いや、シャレにならん!」と焦って立ち上がり、車両すべての窓を1人で閉めたのでした…。

その後、車掌のいった通り、窓に多くのスズメバチが突撃してきたのだとか。

車掌のアナウンスがなければ、乗客がケガを負っていた可能性もあります。的確なアナウンスだったといえるでしょう!

予想外のアナウンスに、ネットからはいろいろなコメントが寄せられています。

蒸気機関車に乗っていた世代にとっては、懐かしさも感じるようです。

・まさかのアナウンスに爆笑してしまった!

・寝てたら超ピンチじゃんこれ。

・汽車が走ってたころ、トンネルのたびにみんなで窓を閉めてたな。

・なんという命がけのアトラクション…。

「自分が乗車した時は、車掌さんが入ってきたハチを捕まえて逃がしてくれた」という声も!

いざという時も、しっかりと対処してくれるようです。これなら、万が一ハチが入って来てしまっても安心ですね。

こういったハプニングも、自然あふれる場所ならでは。天気のいい日は、南アルプスあぷとラインに乗ってみてはいかがでしょうか!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@Mdkfajl_0804

Share Tweet LINE