@Heaaart

京都市内を走る電車に『妖怪』が大量発生…! そのワケとは?

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

清水寺や平等院など、歴史的建造物が多く残されている京都ですが、妖怪にまつわる伝説が多く残る場所としても知られています。

そんな京都の市内を走る『嵐山本線』にこの夏、妖怪が大量発生するそうなのです…。

今年で12年目を迎えるイベント

実はこのウワサは、嵐山本線を舞台に行われるイベント『嵐電妖怪電車』のこと。

妖怪の棲家すみかのように装飾された薄暗い車内に、妖怪の画像やオブジェが展示されます。

運賃は、大人220円、子ども110円ですが、妖怪にふんして電車に乗ると、50円で乗車することができます。

車内では、妖怪にふんした乗客の人気投票を行う『嵐電・妖怪仮装コンテスト2018』が開催。賞に選ばれた人には、妖怪仮装写真が入った記念パネルがプレゼントされるので、挑戦してみてください!

運行期間中、『嵐山駅 はんなり・ほっこりスクエア』内の店舗と、四条大宮駅、北野白梅町駅の周辺の店舗で、妖怪をモチーフにしたメニューや商品が販売されます。

ロールケーキ専門店『ARINCO』では、いちごソーダにリアルすぎる目玉寒天が入ったドリンク『血の池地獄』で涼しさを感じて…。

血の池地獄

お腹が空いたら四条大宮にある『喫茶Hattory』で、ちょっと不気味な『一つ目おばけカレー』を召し上がれ!

一つ目おばけカレー

そのほかにも、さまざまなお店で妖怪メニューが登場するので、ぜひ足を運んでみてください。

今年から初めて、京都タカシマヤに妖怪が登場し、嵐山駅にあるホテルのラウンジでは、人気怪談師による『嵐山魍魎もうりょう怪談会』が開催されるなど、さまざまな催し物が行われます。

詳しくは、公式サイトでご確認ください。

猛暑が続く今年の夏、『嵐電妖怪電車』に乗って、涼しくなってみてはいかがでしょうか。

『嵐電妖怪電車』

■運行期間
2018年8月11日(土・祝)~15日(水)

■運行時間
1日5便運行
乗降は四条大宮駅または嵐山駅のみ

※ 最新の運行情報は公式サイトよりご確認ください。


[文・構成/@Heaaart編集部]

Share Tweet LINE