@Heaaart

歴史ある神社がデジタルアート空間に! 京都の世界遺産で行われる『光の祭典』が美しい

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

京都市左京区にある、 賀茂御祖かもみおや神社(通称・下鴨神社)。

『古都京都の文化財』として世界文化遺産にも登録されており、京都でもっとも古い神社の1つとして有名です。

そんな下鴨神社で、2018年8月17日から『下鴨神社 ただすの森の光の祭 Art by teamLab』が開催中です!

下鴨神社がデジタルアート空間に

プログラマやエンジニア、数学者、建築家など、さまざまなスペシャリストから構成された『チームラボ』が手がける『下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab』

このイベントで展示される2つの作品をご紹介します。

まず1つ目は、『呼応する、たちつづけるものたちと森 – 下鴨神社 糺の森』

糺の森の参道沿いに置かれた卵型のオブジェと参道の木々が、色とりどりに光り輝きます。

オブジェは、人が触れると光の色が変わります。その光は、ほかのオブジェや木々に広がり、同じ色の光を放つ仕組みになっています。

2つ目は、『呼応する球体 - 下鴨神社』

下鴨神社の楼門の中で光り輝く球体も、人が触れたり何かにぶつかったりすると、光の色が変化します。

そして、その周りの球体も呼応し、同じ色の光を放ちます。

作品の実際の様子は、こちらの動画をご覧ください。

由緒正しき神社とテクノロジーを融合させた幻想的なアート。みなさんもぜひ、実際に体験しに行ってみてはいかがでしょうか。

『下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab』

■開催期間
2018年8月17日(金)~9月2日(日)

■時間
18時30分~22時00分
(最終入場21時30分)

■会場
下鴨神社(賀茂御祖神社)糺の森

※ 最新のイベント情報は公式サイトよりご確認ください。


[文・構成/@Heaaart編集部]

出典
Light Festival in Tadasu no Mori at Shimogamo Shrine, Kyoto Art by teamLab – TOKIO INKARAMI

Share Tweet LINE