@Heaaart

「幻想的…」 北海道・余市町にある『夫婦岩』の写真に思わず見惚れる

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

撮影者:加藤明彦

北海道の小樽市から車で30分ほどの場所にある、余市町(よいちちょう)。

町内には縄文時代の遺跡が数多く残されており、全国から多くの観光客が訪れます。

余市町は、北海道の西部、積丹(しゃこたん)半島の東の付け根に位置する、人口約20,000人の町です。

町の北側は日本海に面し、他の三方はゆるやかな丘陵地に囲まれています。町内には縄文から続縄文時代の遺跡が数多く見られ、古くから人が定住していたことが知られています。

北海道余市町ホームページ ーより引用

そんな余市町の海には、こんな変わった岩があります。

えびす岩と大黒岩

この岩の名前は、左の細い岩が『えびす岩』、右の大きな岩が『大黒岩』。

寄り添うようなその姿から、『夫婦岩(めおといわ)』とも呼ばれています。

今回は、この場所で撮影されたこちらの写真をご紹介します。

cold blue

産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト 第14回 資生堂賞「cold blue」
撮影者:加藤明彦
撮影地:北海道余市町

『産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト』で入賞したこちらの作品は、ある雪の日のえびす岩と大黒岩の様子を撮影しました。

空と海が青く染まり、岩の上にも雪が積もっていて、とても幻想的な風景ですね。

冒頭の写真のように、この場所は季節によって違った姿を見せるので、ぜひ、えびす岩と大黒岩を見に白岩町に行ってみてください!

産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト とは

産経新聞社が主催する『美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト』は、アマチュア写真家を対象に、日本の四季や文化を撮影した作品を募集したフォトコンテストです。

2003年にスタートし、2019年で17回目を迎えます。

産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト 公式ページ


[文・構成/@Heaaart編集部]
[写真提供/産経新聞社「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト]

出典
北海道余市町ホームページ

Share Tweet LINE