@Heaaart

栗と抹茶を贅沢に使ったスイーツが登場! 京都の『伊藤久右衛門』で『抹茶×栗フェア』が開催中

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

1832年創業の老舗のお茶屋『伊藤久右衛門』。京都に4店舗、台湾・台北に1店舗を構える人気のお店です。

そんな歴史ある伊藤久右衛門で、『抹茶×栗フェア2018』が開催中です!

秋を感じるスイーツが登場

2018年8月27日から伊藤久右衛門で開催されている『抹茶×栗フェア2018』では、栗や抹茶を使ったパフェやカップケーキを味わうことができます。

平日は30食限定、土日祝日は50食限定の『抹茶モンブランパフェ』は、抹茶アイスや渋皮栗アイス、砕いた薄焼きクッキーにモンブランクリームや甘露煮、渋皮栗などを乗せた、秋らしいパフェとなっています。

このパフェは、イートイン限定なので、お店でゆっくりと味わってみてください。

抹茶モンブランパフェ

そのほかにも、伊藤久右衛門のグランシェフ・吉本多可人さんが考案した『宇治抹茶ヴェリーヌモンブラン』が登場。

同年9月12日から宇治本店でテイクアウト限定で販売されます。

宇治抹茶ヴェリーヌモンブラン

オンラインショップでは、『宇治抹茶モンブラン』が販売されています。

秋に誕生日を迎える人への誕生日ケーキにもおすすめです!

宇治抹茶モンブラン

秋らしいスイーツを味わいに、伊藤久右衛門へ行ってみてはいかがでしょうか。

【取扱店舗】

宇治本店、宇治本店茶房、JR宇治駅前店、オンラインショップ


[文・構成/@Heaaart編集部]

Share Tweet LINE