@Heaaart

群馬県民を泣かせる写真 その理由に、もらい泣き

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

ふとした瞬間に故郷を思い出す『きっかけ』は、人によってさまざま。

歌や食事かもしれませんし、香りだけで故郷を思い出す人もいることでしょう。

群馬県民にとって、その1つに『セーブオン』というコンビニエンスストア(以下、コンビニ)が挙げられるはずです。

群馬県民の心の故郷『セーブオン』とは?

「群馬の心」「群馬県民の心のふるさと」と称されるセーブオンは、群馬県発祥のコンビニ。

・東京に出てきて、セーブオンが見つからなくて焦った。

・学生時代、よくセーブオンに寄り道していた思い出の場所。

・セーブオンは全国区だと思っていた。

こうした群馬県民たちの発言からも、セーブオンがいかに県民の生活に深く根付いているのかが伝わります。

しかし、そんなセーブオンは、2018年8月31日をもって、全店舗の営業を終了。今後は、ローソンに業務転換されていく予定です。

全国各地に散らばったすべての群馬県民に衝撃を与えた、セーブオン全店舗営業終了のニュース。発表された当初は、営業終了を惜しむ声が多く上がっていました。

そして、最後の営業日を目前に控えた8月30日…Twitter上で公開された1枚の写真が、群馬県民の涙を誘っています。

写真に込められたドラマに涙

写真を公開したのは、まーいーか(@kiyo4811029)さん。群馬県民の涙腺を刺激する写真が、コチラです。

セーブオンの後ろを通過していく上信電鉄。セーブオンも上信電鉄も、共に群馬県民の生活を支えてきた存在です。

しかし、片方は営業を終了し、片方は今後も存在し続ける…別々の道を行く両者を写した1枚に、哀愁を感じずにはいられません。

1983年に1号店を開店してから35年間、群馬県民に寄り添ってきたセーブオン。

営業を終了しても、群馬県民の心の故郷として、その存在が忘れ去られることはないでしょう。

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@kiyo4811029

Share Tweet LINE