@Heaaart

ANAの職員の『落書き』に驚きの声 旅行者が窓の外を見ると…

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

2016年4月14日、熊本県と大分県で大きな地震が相次いで発生。各地に甚大な被害をもたらしました。

そんな中、4月19日から運行を再開し、被災地支援の拠点として大きく活躍してきた熊本空港。

熊本空港で働くANAの職員たちによる、被災地を案ずる人たちに宛てたメッセージが注目を集めました。

粋なことしてる!

震災から2年が経った2018年。

pote623(@pote_chake623)さんは、旅の終わりに熊本空港に降り立ちます。

するとANAの職員が、熊本空港を利用している人たちに向けて送ったメッセージを目の当たりにしたそうです。

そこに描かれていたのは…。

HAVE A NICE DAY(よい一日を)

空港の空いたスペースに描き込まれた、旅行客へ向けたメッセージ。

文字だけでなく、トンボやクリなど、秋にちなんだ絵も描かれています。

なんとなく憂うつな気分だったという投稿者さんも、これを見て思わず嬉しくなってしまったそうです。

【ネットの声】

・最高のおもてなしですね。

・あじのあるトンボが可愛い。

・ディズニーランドのキャストさんみたいですね。

こうしたおもてなしを見ると、熊本に旅行に行ってみたいと思う人も増えそうですね!

grape [グレイプ]

grape [グレイプ]は、喜怒哀楽、心に響くコンテンツをお届けするメディアです。
https://grapee.jp/

出典
grape@pote_chake623

Share Tweet LINE