HOME

作るのも大人気!雪国津軽の生活の知恵から生まれた民芸品「こぎん刺し」の深い魅力。北欧の雰囲気も?

2017/10/30 | 2,606 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

こぎん刺しってなに?

 

こぎん刺しとは、江戸時代から伝わる青森県津軽の伝統的な刺し子技法の一つです。
木綿が栽培できない寒冷な地・津軽では綿製品を手に入れるには高価すぎた事や、農民が普段着や仕事着のために木綿の使用を禁止する農家倹約分限令があったため、農民の着衣は麻布を主とせざるを得ませんでした。
通気性の良すぎる麻布で津軽の冬を乗り切る。言うまでもなく、過酷な環境です。
その後木綿の糸が手に入るようになり、農家の女性たちは麻布に生地の目を埋めるに白い木綿糸で刺繍をして防寒補強を始めました。
こぎん刺しはそんな生活の知恵から生まれたのです。

 
 

tomokoさん(@tomo.vent)がシェアした投稿

 

「こぎん刺し」という名前は、津軽地方では野良着(野良仕事で着る服のこと)を「こぎん(小布または小巾)」と呼んでいて、その布に木綿糸を刺していたことから「こぎん刺し」と呼ばれるようになったそうです。

 
 

こぎん刺しの特徴

 

こぎん刺しの特徴は、布地の織り目に対し一・三・五・七奇数で数えながら刺すということです。
そして、こぎん刺しも作られた地域により特色があり、大きく分けて西こぎん・東こぎん・三縞こぎんと3つに分けられます。

 

出典 @thinkpink705 さんの投稿/instagram

 
 

こぎん刺しの伝統的な模様

 

こぎん刺しの基礎模様はモドコと呼ばれ、約40種類あるのですが、この組み合わせで大きな模様が創りだされるのです。

 
 

▼ 「カチャラズ」

 
 

▼ 「猫の足」

 
 

▼ 「ふくべ」

@fukukkaroがシェアした投稿

 
 

他にもたくさんあるモドコ。
これらを組み合わせて作られるこぎん刺し、その魅力にハマる人も多いんだとか!

 
 

現在も大人気のこぎん刺しの素敵な作品がいっぱい!

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る