@heaaart

安産・子授け祈願で人気!「おっぱいの神様」「乳神さん」と呼ばれる浦幌神社・乳神神社

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

農場開拓が進みいく明治時代の北海道に創建され、地元の人々に愛されている神社があります。
浦幌町にある浦幌神社です。

ご祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)と八幡大神(やはたのおおかみ)
伊勢神宮から勧請したのがはじまりだそうです。


 
 

ご利益は子宝・安産・病気平癒など。
境内には夫婦桂と呼ばれる桂の大木があり、縁結び・恋結び・夫婦円満の象徴とされています。

▼ 夫婦桂☆根元から二股に別れているんです

▼ 運がよければエゾフクロウに出会えるかも♪

乳神神社

「おっぱいの神様」と呼ばれる、浦幌神社の境内にある乳神神社
地元の人々には、乳神さんの名で親しまれています。

ご祭神は乳授姫大神(ちちさずけひめのおおかみ)
大正時代、女性の乳房に似たこぶを持つナラの大木にお乳が出るように願い叶ったことが始まりなんだとか。

ナラのご神木は台風で倒れてしまったのですが、こぶはかろうじて残ったため、地元瀬多来の住民が瀬多来神社の側にお社を設けてご神体をお祀りしたんだそう。
その後不思議なことに、ご神木が倒れた場所にナラの木の芽が出て育っていきました。
現在そのナラの木は乳神様の二第目のナラの御神木として厳重に竹垣に囲まれお祭りされています。

▼ 乳神様の二第目のナラの御神木
image-(1)_wai

出典 北海道 浦幌神社・乳神神社

▼ 触れると御神徳を授かると言われている乳石も。

この形で自然石というから驚きです!

おっぱい守はちょっとリアルなんです☆

次のページへ

Share Tweet LINE