@Heaaart

山が染まる季節までもうすぐ… 2018年紅葉の見ごろはいつ?

By - 日本気象協会 tenki.jp  作成:  更新:

Share Tweet LINE

今年の各地の紅葉(カエデ)の見ごろは、北日本では平年並みか遅く、東日本や西日本は平年並みか早い所が多いでしょう。日本気象協会が11日に発表した2018年第1回紅葉見ごろ予想です。

今年の紅葉の見ごろは

紅葉の見ごろは、秋(9~11月)の気温が低いと早まり、高いと遅くなります。今年の秋の気温は、北日本では平年並みか高いでしょう。東日本や西日本は、平年並みか高くなりますが、10月以降、朝晩の気温が平年よりも低い時期がありそうです。このため、紅葉の見ごろは、北日本では平年並みか遅い所が多いでしょう。東日本や西日本では平年並みの所が多く、早い所もありそうです。

北日本(北海道・東北)

北日本の秋の気温は、平年並みか高い所が多い見込みです。このため、各地の紅葉(カエデ)の見ごろは、平年並みか遅い所が多いでしょう。10月になると朝晩は冷え込む時期がありますので、色づきが進みそうです。
<平地での見ごろ予想>
札幌:10月下旬
仙台:11月下旬

東日本(関東甲信・北陸・東海)

東日本の秋の気温は、平年並みか高い見込みですが、10月以降、朝晩の気温が平年よりも低い時期がありそうです。このため、各地の紅葉(カエデ)の見ごろは、平年並みの所が多く、早い所もあるでしょう。10月になると標高の高い所では朝晩の気温が低くなりますので、色づきが進みそうです。
<平地での見ごろ予想>
東京:11月下旬
新潟:11月上旬
名古屋:11月中旬

西日本(近畿・中国・四国・九州)

西日本の秋の気温は、平年並みか高い見込みですが、10月以降、朝晩の気温が平年よりも低い時期がありそうです。このため、各地の紅葉(カエデ)の見ごろは、平年並みの所が多く、早い所もあるでしょう。10月になると標高の高い所では朝晩の気温が低くなりますので、色づきが進みそうです。
<平地での見ごろ予想>
大阪:11月下旬
広島:11月中旬
松山:11月下旬
福岡:11月下旬

なお、日本気象協会の「紅葉見ごろ予想」は、いろはかえでを対象としております。ただし、北海道は地点により、やまもみじ、おおもみじ、いたやかえでを予想対象としています。「紅葉見ごろ予想」は、10月に第2回、第3回の予想を発表予定です。

logo_tenki

tenki.jp

tenki.jpは、日本気象協会が運営する天気予報専門サイトです。ピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を提供します。気象予報士が日々更新する日直予報士も人気です 
https://tenki.jp/

出典
2018紅葉見ごろ予想 日本気象協会発表

Share Tweet LINE