@Heaaart

トイレ

多目的トイレから出てきた親子 飛び出た一言に「これは酷い」「もっと広まるべき」

By - grape編集部

世の中には、さまざまな事情で障がいを持つ人も共存しています。 社会は、マジョリティである健常者をベースに作られているため、障がいを持った人たちの日常生活では『壁』が立ちはだかることも。 そういった『壁』をできるだけ撤去し…

配達員に声をかけられた男性 まさかの状況に「ごめん笑った」「これはつらい」

storyBy - grape編集部

特に親しいわけでなくとも、たびたび顔を合わせているうちに、自然と相手のことを認識していた…というケースは珍しくありません。 毎朝駅のホームで見かける人や、昼食で利用する飲食店の店員、会社のエレベーターでよく乗り合わせる人…

トイレ前で「手伝って」と言われたら? 注意喚起に「本当にコレ!」「全力で逃げて」

By - grape編集部

大型連休のゴールデンウィークは、旅行や買い物など、楽しい予定をたくさん詰め込めますよね。 子供たちは、ワクワクしながら夢のような数日を過ごすことでしょう。 一方で、事故や事件に巻き込まれやすい時期でもあるため、親子ともに…

『完全にそれ』なトイレの案内板 よく見ると…「思わず叫んだ」「マジだ」

newsBy - grape編集部

初めて触れたはずなのに、なぜかすでに知っているような不思議な感覚を、デジャブと呼びます。 あなたも、初めて来た場所で「似た場所を覚えている気がする」と感じたり、なんらかのフレーズを耳にして「懐かしさを感じる」と思ったりし…

無印とセリアで買った物を? 作ったものに「その手があったか!」

By - grape編集部

春は、進学や入社などによって、生活に変化が現れる時期。 中には、そういった変化を機に、一人暮らしを始める人も多いことでしょう。住み慣れた地を離れるにあたって、新生活を始める準備が必要です。 初めての一人暮らしは、分からな…

「おしっこ」と、夜中に起こされた父親の末路 「めっちゃ笑った」「昨日まさにこんな感じ」

storyBy - grape編集部

尿意で夜中に目が覚めた時、1人でトイレに行くのが怖いと感じた経験はありませんか。 陽の光や電気で明るく照らされている見慣れた家の雰囲気とは異なり、静まり返った暗い部屋を移動するのは、ちょっぴり怖さを感じますよね。 幼い子…

機内で見知らぬ子供にトイレを譲った乗客 それを見たCAが『あるもの』を渡してきて…

storyBy - grape編集部

みなさんは、見知らぬ誰かを救った経験がありますか。 公共交通機関で高齢者や子供連れに席を譲ったり、道に迷っている人を案内したりするのは、一見簡単なようで、行動に移すまでに勇気がいるものです。 トイレを子供たちに譲ったら?…

「すごく悲しい事ですが…」 幼稚園が『男女共用トイレ』になって、無視できない被害発生

By - grape編集部

トイレの状態によって、利用者による施設や学校などへの印象が左右されるため、昨今では改修工事が積極的に行われています。 古くて汚れたトイレより、最新式できれいなほうが、老若男女を問わず嬉しいでしょう。 設備の改修をする際、…