HOME

大自然の中、約350点の現代彫刻がアート心をくすぐる!長野の『美ヶ原高原美術館』を楽しもう♪

2017/10/5 | 1,776 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

八ヶ岳中信高原国定公園内にある美ヶ原高原は、日本で最も美しいと言われている高原です。
その一角にあるのが今回ご紹介する『美ヶ原高原美術館』です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像提供:美ヶ原高原美術館

 

自然とともに楽しむ屋外展示場

 

美ヶ原高原美術館では、約4万坪の屋外展示場の中に350点ほどの現代彫刻作品が展示されています。
印象的なものがたくさんありますので、胸に迫る作品や心に残る作品を見つけてください。
ここでは、ほんの一部をイラストと共にご紹介します。

 
 

▽ セザール(セザール・バルダッチーニ) 『親指』

oyayubi

画像提供:美ヶ原高原美術館

 

作家自身の右手親指の型を取り、何段階もの過程を経て正確に拡大された308㌢もの巨大な親指です。大理石のもつ赤や青の模様が血管を思わせる絶妙な効果をもたらしています。

出典 美ヶ原高原美術館

 
 

▽ 外岡秀樹 『豊穣への讃歌Ⅱ』

houjyou

画像提供:美ヶ原高原美術館

 

端から端までが7㍍、重量は2㌧近くもある真ちゅうで作られた金色に輝く巨大なトウモロコシです。その存在感は圧巻で、豊かな実りを授けてくれた五穀の神への感謝の気持ちを最大限に表した造形といえるでしょう。

出典 美ヶ原高原美術館

 
 

▽ ピーター・ローガン 『平和のためのパイプ』

画像提供:美ヶ原高原美術館

 

アルミニウム製の竹で構成された作品は風によって優雅に動きます。日本の尺八をイメージした最先端のパイプは、風を受けて「ボー、ボー」という音が出る仕組みになっていて、目と耳の両方で楽しめる作品です。

出典 美ヶ原高原美術館

 
 

▽ イガエル・トゥマルキン
『仕事は自由をもたらすか?─ミイラとしてのアーティストの肖像─』

sigoto

画像提供:美ヶ原高原美術館

 

アウシュヴィッツの悲劇をピラミッド建設になぞらえて制作された作品。両端にはピラミッドと死体を意味する黒い山。双方を結ぶレールが敷かれ、トロッコには作家自身の顔から型を取って鋳造したミイラが横たわっています。

出典 美ヶ原高原美術館

 
 

▽ 河崎良行 『風のスイング』

swing

画像提供:美ヶ原高原美術館

 

磨かれたステンレスを使い、風のイメージの形体化を試みています。回転や上昇運動を複合させた優美なフォルムは、内在する力が大空に向かって一気に放たれるような爽快感と強い風のエネルギーが感じられます。

出典 美ヶ原高原美術館

 
 

いかがでしょうか。
どんなモニュメントなのか、実際に見たくなったのでは?
ぜひ現地まで足を運んで、迫力のある実物をご覧下さい。

 
 

子供も楽しめる美術館

 

美ヶ原高原美術館の敷地内には、子供も楽しめる作品があります。
小学生以下のお子さんなら自由に中に入って遊ぶことのできる彫刻作品「しゃぼん玉のお城」など、遊びの中でさまざまなものの造形を学ぶことができます。

 

168-1-20170414185222_b58f09bd63f766

出典 美ヶ原高原美術館

 
 

まだまだある美ヶ原高原美術館の見どころ!

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る