@Heaaart

障がい者

「私は耳が聞こえません」の紙を見せた店員 すると客が…「涙が出た」「かっこよすぎる」

storyBy - grape編集部

世の中には、さまざまな障がいを持っている人が存在します。健常者が当たり前のようにしていることも、一部の人は大きな壁のように感じていることでしょう。 そんな『壁』をできるだけ取り除くべく、社会が進めているのがバリアフリー化…

耳が聞こえない女性 配達員の行動にハッとした理由に「泣ける」「心打たれた」

storyBy - grape編集部

社会には、さまざまな理由で障がいを抱えている人たちが存在しています。 目が見えなかったり、歩けなかったりするハンデを持つ人々は、生活をするために、道具を駆使するなどの工夫を行っているのです。 しかし、そういった工夫をもっ…

聴覚障がい者が感動した、店員の行動 「ハッとした」「知らなかった…」

storyBy - grape編集部

障がいのある人もできるだけ快適に暮らすことができるよう、社会ではバリアフリー化が推進されています。 例えば、健常者であれば特に意識しないであろう階段も、視覚障がいや身体障がいがある人などにとっては、高い壁のようなもの。 …

優先席に座っていた次女に「あかんやろ!」 高齢男性のエピソードに「勉強になった」

storyBy - grape編集部

高齢者や身体が不自由な人などが、優先して座れる『優先席(優先座席)』。 人によっては、一部の利用者のマナーが悪く思えることもあるようで、たびたび話題になります。 一方で、マナー違反と指摘された行為に、深い理由があることも…

耳の聞こえない女性が出会った『不思議なママさん』 理由に「泣いた」「こうなりたい」

storyBy - grape編集部

人と人のつながりによって、社会は成り立っています。誰もが日常生活を送るうえで、他者とつながっているのです。 そして、出会いと別れを幾度と繰り返す中で、時には運命を感じる出会いを経験することも。 2児の母親であるミカヅキユ…

先生の赤ペンに傷付いた、耳の聞こえない小学生 気付いたことに「ハッとした」「心に刺さる」

storyBy - grape編集部

生まれつき耳が聞こえないミカヅキユミ(@mikazuki_yumi)さん。 9歳の息子さんと、5歳の娘さんを育てる中で、大人と子供の関係性について悩むことがあったといいます。 その理由の1つは、子供の頃の経験。小学生の頃…

障がい者を狙う、卑劣な痴漢行為が続出 実際の手口に「ゲスすぎ」「信じられない」

By - grape編集部

日本で深刻な社会問題の1つとされている、痴漢行為。他者の身体に合意なく触れ、尊厳を傷付ける痴漢行為は迷惑防止条例違反で罰せられます。 2020年12月に公表された警視庁のデータによると、検挙されたものだけでも1年で178…