HOME

柴田や晴人、そして勇介…!?北海道にあるパン屋さん『しげぱん』のネーミングが面白い♪

2017/9/5 | 3,846 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

今回は北海道にあるパン屋さん『しげぱん』をご紹介します!

 
 

『しげぱん』のパンの名前は他と違う…!?

 

『しげぱん』は北海道の札幌にあるパン屋さんです。
西屯田通りを歩くと見えてくる、緑色の文字で「しげぱん」と書かれた真四角の看板が目印です。
店先にはスタンド看板も置かれていて、限定商品や新作パンの紹介などが書かれています。

 

▼この看板が目印

shingoさん(@shingo1221)がシェアした投稿

 
 

お店にはあんぱんやフランスパンなどのオーソドックスなパンや、サンドイッチなど色々な種類が揃えられています。
どれも美味しそうで、ファンの方もたくさんいらっしゃいます♪

 

▼パンの種類は豊富♡

 
 

▼サンドイッチも!

 
 

そんな『しげぱん』は他のパン屋さんとは大きく変わったところがひとつ。
それはなんと、お店のパンの名前が人の名前なんです!

 

▼それってパンの名前なの!?

 
 

普通、パンに名前を付けるなら味が想像しやすいネーミングがつけられるでしょう。
しかし、『しげぱん』は違います。
新作パンに名前をつけるには、あるルールに則っているのです。

 
 

パンに人名。その理由は?

 

実は『しげぱん』で売られているパンは、お客さんから寄せられたアイデアで生まれた物です。
『しげぱん』にやってくるお客さんに「どんなパンが食べたい?」とリクエストを募って、実際に作って、販売しています。
お客さんがリクエストしたパンを実際に作って売り出すとき、その考案した人の名前がつけられるんだとか。

 

たとえばこちらのパンには「ざっきー」という名前がつけられています。

 

▼焼きそばパンの「ざっきー」

acco_ondoさん(@acco_ondo)がシェアした投稿

 
 

ネコの形をした焼きそばパンですが、口から焼きそばが見えているのが可愛いですね♪
まるでネコちゃんが焼きそばを食べているみたいです!

 

※許可を得て掲載しております。

 
 

自分の名前がつけられるパン…。素敵です♡

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る