@heaaart

【新潟】体長82.8mの大蛇がギネス認定されたお祭り「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

今回は新潟県は関川村というところで毎年8月に行われているお祭り、「えちごせきかわ大したもん蛇まつり」についてご紹介します!

大したもん蛇まつりとは

メインイベントの大蛇パレードに登場する長さ82.8m、重さ 2t の大蛇は村民の手作りで、竹とワラで作った世界一長い蛇としてギネスブックに認定されています。
まつりは、毎年8月下旬に開催され、大蛇パレードのほかにも花火大会、盆踊り大会、福まきなどが行われます。

出典 大したもん蛇まつりって!?|新潟県関川村役場

ちょっと不思議な名前のこのお祭り。
注目は長さ82.8mもある大蛇パレードです!

daijya

出典: ​大したもん蛇まつり|新潟県関川村役場

ぐるぐるととぐろを巻く大蛇の体。
竹と藁で作られた胴体は、関川村にある54の集落が分担して作成しています。
そのため、胴体の数は54個
村全体が協力して作り上げているお祭りなんですね!

seisaku

出典: ​大したもん蛇まつり|新潟県関川村役場

大したもん蛇まつりは関川村の全住民が参加するお祭りとして、毎年多くの人で賑わいます。

(去年の様子)
IMG_8271

出典 大蛇パレードの様子(その2)|新潟県関川村役場

担がれて道路を進む大蛇のパレードは圧巻!

(去年の様子)
IMG_8311

出典 大蛇パレードの様子(その2)|新潟県関川村役場

なんと言ってもこの大蛇、実は竹と藁で作った世界一長い蛇として、2001年にギネスブックに認定されているのです!
そこらでは見られない大蛇のお祭り、是非見てみたいですね。

(去年の様子)
IMG_8318

出典 大蛇パレードの様子(その2)|新潟県関川村役場

82.8mの秘密

蛇の体が82.8mなのには、実は秘密があります。
昭和42年8月28日に関川村で大規模な水害が起こり、多くの方が被害に遭いました。
当時のことを忘れないよう、大蛇の長さは82.8mになったのです。
村を襲った悲劇を風化させない気持ちから大蛇は生まれたんですね。

※許可を得て掲載しています。

関川村にある蛇にまつわる伝説とは?

Share Tweet LINE