@heaaart

予想外のユーモアやふれあいにハマる♪ 80年以上もの歴史がある高知の『桂浜水族館』が面白い!

By - @Heaaart編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

高知県を代表する名所“桂浜”
その一帯、桂浜公園の浜辺にあるのが、今回ご紹介する桂浜水族館です。

桂浜水族館・通称"ハマスイ"は、1931年に開館。
なんと80年以上もの間続いており、地元の人々に愛されています。
親しみやすくユーモアのあるこの水族館に、あなたもハマってしまうはず!

(年中無休!年間パスポートを買えば何度も足を運べます♪)

ハマスイに住む魅力的な生き物たち

桂浜水族館では、淡水魚・熱帯魚・海水魚・深海魚・アカメ・ウツボ、そして高知を中心として飼育されている土佐錦(トサキン)などの魚の他、人気のコツメカワウソやペンギン、アシカ、カピバラなど、約250種のさまざまな生き物たちに出会えます。

カリフォルニアアシカの「リサ」ちゃん。美人…美アシカです。

トドの「ナデシコ」ちゃん。無防備な寝顔が愛らしいですね。

イケメンなハヤブサ「リタ」さん。

スッポンモドキの「いとう」さん。ひょうきんなお顔です。

手の動きがかわいいカワウソの「テン」くん。(動画です)

どの生き物たちも、エサを求めて人間に近付いたりと、愛嬌のある姿を見せてくれますよ。
他にも、魅力的な生き物たちがここでご紹介しきれないほどたくさんいます。
じっくり観察すると、誰が誰なのか一目で分かるようになるかも!
さらに、館内にはいろいろなユーモアが溢れており、親しみやすい雰囲気になっています。

水族館に坂本龍馬が…!

高知の妖怪といえば三目八面だけど…

生き物たちを見るだけではなく、説明書きや置いてあるものにも注目してみて下さい♪

目玉のふれあいイベントもご紹介!

Share Tweet LINE